2014年12月19日アーカイブ

乾燥肌がもちもちに

わたしはもっぱらの乾燥肌。
皮膚科に通わなければ行けないほどではないのですが、冬になると頬が粉をふいたり、口の端が乾燥で白くなったり。乾燥で背中や腕などがかゆくなったり。

かゆいのって、起きてるときはどうにかがんばってかかないようにするけど、寝てる間に無意識にかいちゃうんですよね。で、かくとさらにがっさがさになって、ちょっと血がでたりして跡に残ってしまうという・・・若いときはそれでも肌が治癒してたけど、30代を越えるともうこれが戻らなくなってきたんですよね。

どうにか毎冬のこの状態から抜け出したくていろいろ試したんですが、まず、顔の方はどうにか抜け出すことができました!
ポイントは化粧水でした。今までいろんな化粧水を使ってみました。ドラッグストアに売っている安いものから、少々お高い化粧水まで。

で、ドラッグストアで買ってみたいくつかのものはわたしにはちょっとべたべたしすぎでした。売れに売れてる『極潤』など、良いものだとは思うのですが、表面がべたべたして奥まで浸透している感じではなかったです。
高級化粧水はたしかに良かったのですが、何しろ高い^^;たくさんつけたい化粧水なのについついけちってしまう貧乏性^^;で、最終的に落ち着いたのは、無印良品の『敏感肌用 高保湿化粧水』でした!

べたべたせず、すーっと肌に入っていくのにいつまでももちもち。化粧水だけで肌に手が吸い付く感じ。そしてなんといってもそのコスパ。低価格なのでとにかく十分に使うことができる!おかげで冬のかさかさ顔から抜け出すことが出来ました!
ただ、全身にこの化粧水をパッティングするのはちょっと大変。体用の高保湿クリームはまだ見つかっていません。早く見つけたいものです!

泣いた後の顔色の悩み

私は泣き虫です。泣きたくて泣くことはないのですが、とにかく涙もろくて困ります。
本を読んで泣き、TVを観て泣き、映画を観てボロボロと泣く。
感受性がやや強いのが原因かもしれません。大人になってこれはまずいと思い、抑えるようにしてはいるのですが、それでも涙腺の崩壊は止められないのです。
ことに、主人と諍いがあると、泣かずに済む時はまずありません。

ですから結婚後、2日とあかずに泣いてきた私の顔は、そのせいもあってかなり崩れてしまったのだと思います。
年齢肌に加えて、この泣くことによる肌へのダメージは、恐るべきものがあります。

若い頃は、まぶたが腫れぼったくなるくらいで済んでいましたが、それに加えて顔色が無残に暗くなります。どこかに外出して誰かに会わなければならない、という場合は、朝食に使った紅茶のティーバッグを、冷ましてから両まぶたにあてています。

これでまぶたの腫れはなんとかみられるようにまで回復しますが、惨めな顔色はどうにもなりません。丁寧に下地を作ったりしても、化粧のりは悪く、いくらファンデーションの層を重ねてみても、その日一日はやつれた印象が残ってしまうのです。

目の下に、くまのようにできる影が濃くなるのが一番印象を悪く、重くしているように思えるので、とりあえずこちらをカバーします。目の周辺全体を手のひらで包むようにして温めたり、蒸しタオルを置いたりしてから、軽くやさしくマッサージをします。
ファンデーション等で多層化するのは逆効果に思えたので、BBクリームなどをうすく伸ばすと、わずかにではありますが、影がやわらぐように思われます。

本当は、以降のアフターケアではなく、一晩中泣き続けるような環境こそ、変えなければいけないことはよくわかっています。目の下の泣きぐま(と私は呼んでいます)が、やさしい笑いじわにとって代わられる日を目指しています。

毛穴、シミがとっても気になる。。。

私は現在23歳ですが、20歳を過ぎたころからシミが気になり始めました。
特に目の下、頬骨のあたりのシミが目立ちます。
今まではなかったのに、「えっ!こんなところにも!?」と日に日に増えていくシミ。高校時代女子サッカー部で日光にあたりすぎたか、と少し後悔してます。

もともとホクロも多い体質なのに、シミまでできたらもう最悪!
化粧水はずっと美白効果を謳う商品を使ってきましたが、意味なかったのね、と気付きました。
意味ないと思いながらも、未だに美白化粧水、美白クリーム、美白パックを使い続けています。
もうファンデーションで誤魔化すしかないかと半ば諦めつつも、23歳でそれって早すぎないかな、と焦ってます。

最近新しく始めたのはホットレモンです。ダイエット以外にも、美肌や疲労回復に効果があると聞いて始めてみました。
美肌効果はいまいちわかりませんが、体が温まってぐっすり眠れるし、疲れもとれてる気がするので続けようと思います。

小鼻の毛穴の黒ずみも悩みです。
中学校の頃から気になっているので、もはや諦めてもいますが。
中学高校では小鼻の角栓をとるパックをしていましたが、余計黒ずみがひどくなったり、毛穴が開いたまま戻らなかったりと、良い事がなかったのでもうやめました。

今は特別なことは何もしていません。ですが、中学高校の頃と比べたら幾分かマシになったような気もします。お肌はいじりすぎないのがいいのですねきっと。

心がけていることは、泡が細かい洗顔を使うこと、運動を定期的にしてしっかり汗をかくこと、野菜をとることです。
洗顔は、ずーっと豆乳イソフラボンを使っています。とっても泡がキメ細かくて、洗い上がりもつっぱらないので愛用しています。
一時期パーフェクトホイップに変えてみましたが、豆乳イソフラボンの方が段違いで泡がモチモチしています。コスパもいいし、豆乳イソフラボンシリーズ、おすすめです!

MTBlog42c2BetaInner

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

  • エイジング
  • 乾燥肌
  • 毛穴の悩み
  • 皮膚炎
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.25